適切な対応が必要です

女性

双極性障害の躁状態では病気の自覚がないことが多いのですが、放置すると仕事や人間関係が大変になる可能性があります。この場合は早めに病院に行って診断してもらい、その状態に合った治療を受けるようにすると、うつや再発を防ぎやすくなるでしょう。

詳しく見る

元気に見える事もある病気

医者

時間帯によって突然に元気が無くなる事があったり、気分の浮き沈みが酷いと感じたりしたら、自分は躁状態になっているかもしれないと考えてください。短期間で社会復帰ができるよう、治療経験が豊富な医師がいる精神科を頼る事をおすすめします。

詳しく見る

睡眠時間が短くなります

女性

双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患のひとつですが、社交的で明るい性格の人や周囲に気配りのできる優しい人が罹りやすい傾向があります。躁状態の時は睡眠時間が短くても活動が出来たり、誇大妄想などが見られたりすることもあります。

詳しく見る

入院による治療も有効です

カウンセリング

双極性障害はうつ状態と躁状態を繰り返す病気ですが、躁状態になると気分が異常に高揚をしたり、食事や睡眠を取らなくても活発に活動をしたりするようになります。病気が原因なので放置をせずに、精神神経科の病院やクリニックを受診しましょう。

詳しく見る

躁とうつが交互に

ハート

パワフル過ぎには要注意

かつて躁うつ病と呼ばれていた病気は、うつ病とは治療法も異なることから、双極性障害と名称が変わっています。うつ状態が続くのは共通していますが、抗うつ薬の効果は低く、逆に悪化させる恐れもあるため、気分安定薬や抗精神病薬が処方されます。双極性障害は、うつ状態と交代して躁状態が出現する時期があるのが特徴です。しかし、躁状態は本人にとって調子の良い時期に感じ何ら不都合を感じないので、受診するのはうつ状態の時期ばかりです。また双極性障害でも普通の状態で過ごせる寛解期があり、その時期はうつ状態と共に比較的長くなっています。それに比べて躁状態の時期は短いため記憶にない人が多く、病気の発見が遅れることは珍しくありません。さらに躁状態から発症する人は稀で、ほとんどがうつ状態から始まるとされています。それから、普通にうつと躁を繰り返す双極性障害を双極?型障害、うつと軽躁を繰り返す双極性障害を双極?型障害と分類します。双極?型障害は決して軽い病気というわけではありません。躁状態の時期は短いにも関わらず、うつ状態の時期は長くなる傾向にあるため、却って辛さを感じやすいといえます。また、どちらの病気も状態が切り替わるときに混合状態が現れることがあります。うつ気分なのに体や考えが行動的になるといった状態です。双極?型障害で現れる軽躁状態は、睡眠時間が短くても元気で活動的、他人とも積極的に交流する状態です。妄想は出ませんし、常に機嫌よく激しく怒ることもありません。でも本人をよく知る家族などから見ると、はっきりと普通ではないと感じる状態にあります。これに比べて、双極?型障害の躁状態は、仕事や人間関係を壊してしまうほどの状態になるのが特徴です。精力的に仕事をこなし、それどころか天才的なアイデアが次から次へと溢れ出てくるため、いきなり起業したりそれに伴い借金したりすることも珍しくないです。ところがすぐに気分が変わって長続きしないので、社会からの信頼をなくすなど、大問題となってしまいます。また、酷い状態になると妄想が出てくることがあります。怒りっぽくなって暴力事件を起こしたり、高額な商品を購入したりして破産することも少なくありません。何度もうつと躁を繰り返すと、このような酷い状態になりやすいとされていますが、治療を行わすにいればほとんどの人はうつと躁を何度も繰り返します。ですから、治療は再発を予防する、すなわち寛解期をどれだけ長く保てるかが課題となります。その前にうつ病と診断されないこと、早期に双極性障害と正しく診断されることが大切です。