適切な対応が必要です

女性

早めに病院に行きましょう

双極性障害の場合はうつの症状だけでなく躁状態にもなってしまいますが、この症状が出たときは特に注意が必要です。躁状態ではうつのときのように落ち込んだり辛い気持ちにはなったりせず、気分が良すぎるほどでやりたいことをどんどんやるようになります。ですから、病気のように見えず本人も病院へ行く気にならないことが多いのですが、これを放置しておくと生活や人間関係などで非常に困ったことになる可能性があります。生活面では、非常に高い金額で浪費や投資を行ったり、やりたいことをやりながらすぐに気が変わって非常に困った結果になったりします。さらにしゃべりまくったりすぐに怒ったりするので、家族や職場の同僚が迷惑を感じて離れてしまうことも考えられます。また、躁状態はこれが続いた後にうつの症状が出てきやすいのですが、こちらの状態になると気分が落ち込んだり不眠になったりするなど心身の面で辛くなってしまいます。ですから、躁状態の可能性があるときはできるだけ早くこの状態を取り扱っている病院を受診して、薬による治療を受けたり普段の生活でのアドバイスを聞いたりすることが大切です。そして本人が病院に行きたがらなくても、周囲の人達が説得してこの種の病気を扱っている病院に連れていくようにすることをお勧めします。躁状態では、普段ほどの行動を起こしにくいうつの場合とは違って、どんどん色々なことを始めてしまい本人にとっても周りの人にとってもマイナスになる可能性があります。また、怒り始めて暴力をふるうようになることもあるので、そのような可能性があるときは危険なことになる前に病院に行った方が良いでしょう。この場合に病院で双極性障害であることが分かった場合は、軽症ならば通院でも良いのですがそれ以外なら入院を考えることも大切です。そして病院に入院した場合は、しっかりと治療を受けられる上に生活自体きちんと改善することができるため、この状態を良くすることが可能になります。また躁状態を放置しておくと、うつになってしまい、そうなると自分が躁状態だったときのことを考えて余計に気持ちが落ち込んでしまいます。ですからこのような流れにならないためには、躁状態の可能性のある場合はできるだけ早く病院に行ってしっかりと診断してもらうことが大切です。そして担当医とよく相談して、その症状の度合いに応じた治療を行ってもらうようにすると、うつの状態で苦しんだり自殺を考えたりするなどの危険性がなくなる可能性が出てきます。さらに病院に通ったり入院したりすれば、治りやすいだけでなく再発を防止しやすい上に色々なことの相談ができるので、その点でもプラスになると言えるでしょう。