睡眠時間が短くなります

女性

活動が活発になります

双極性障害はうつ状態と躁状態を繰り返す病気ですが、精神疾患を患いやすい人の特徴を知っておく必要があります。周囲に気配りのできる優しい人や、社交的で明るい性格の人、自分の意見を伝えることが出来ず、ストレスを溜めやすいなどの傾向があります。周囲の人の言動や態度などに影響を感じたり、人間関係でストレスを受けやすい人などがあります。躁状態になると活動的になり、浪費をして不必要な物を購入したり、相手の都合をきにせずに電話を何度も掛けたりするなどの迷惑行為を行うこともあります。双極性障害はうつ病に比べると、再発がしやすく治療が難しいと言われていますが、気になる症状が見られる場合は精神神経科の病院やクリニックを受診しましょう。躁状態になると睡眠時間が短くなり、夜に眠っていなくても昼間に活動が出来るなどの特徴があります。精神疾患は誰でも罹る可能性がありますが、過度なストレスを受けたり、結婚や就職、転職などで環境が大きく変わったりすると発症することも多いです。配偶者や両親、兄弟姉妹などの家族は、普段よりも活動的になったり、大きな声で話したりするようになるので異変に気付くことが多いです。うつ状態の時に比べると元気で活動的に見えますが、後で疲労感を感じることも多いです。双極性障害は社交的で明るい性格の人や、周囲の人に神経を遣う優しい性格の人が多い傾向があります。うつ状態と躁状態を繰り返すのが特徴ですが、躁状態になるとお金遣いが荒くなって、借金が出来てしまったり、誇大妄想などが見られたりすることもあります。周囲の人に大きな迷惑を掛けてしまうので同居している家族は悩んでいる人が少なくありません。双極性障害はうつ病に比べると治りにくい傾向がありますが、早い段階で病気を発見して適切な治療を受けることで、改善が可能な病気です。精神神経科の病院やクリニックは、予約制の所が多いですが、体の調子が優れない時は当日に電話をすると対応をしてもらえることもあります。躁状態になると気分が高揚したり、睡眠時間が短くても活動ができたりするなどの特徴があります。精神神経科の病院やクリニックでは、完全個室で診察やカウンセリング、問診などが受けられます。躁状態とうつ状態を繰り返している場合は、総合的に判断して病気の診断が付くことが多いです。双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す病気ですが、必ずしも入院が必要ではなく、通院による治療が可能になっています。精神神経科の病院やクリニックでは、カウンセリングなどの精神療法や内服薬の治療が中心になります。