入院による治療も有効です

カウンセリング

早めに診察を受けましょう

双極性障害はうつ状態と躁状態を繰り返す精神疾患のひとつですが、躁状態になると気分が著しく高揚をしてしまい、食事をしたり、睡眠を取らなくても活動的になってしまう状態です。うつ状態の時よりも明るく活動的に見えますが、病気が原因なので放置をしてはいけません。躁状態になるとお金遣いが荒くなって、クレジットカードやカードローンの債務が増えてしまったり、周囲の家族や職場の人に威圧的で攻撃的な態度を取ったりすることもあります。気になる症状が見られたら、早めに精神神経科の病院やクリニックで診察を受けることが大事です。精神神経科のクリニックでは、問診やカウンセリングなどを受けることが出来ます。双極性障害はうつ病に比べると治りにくいイメージを持っている人が多いですが、適切な治療を受けることで辛い症状が改善することも多いです。精神神経科の病院やクリニックでは、躁状態を抑える内服薬を処方してくれるので、決められた分量をきちんと守って服用することが大事です。気分安定薬は大変有効ですし、精神的なストレスが多い生活をしていたり、お子様の進学問題や介護、人間関係などの悩みを持ったりしている場合は、カウンセリングなどの精神療法も大変有効です。症状が悪化した時は一時的に入院をするのもお勧めです。双極性障害はうつ状態と躁状態を繰り返すのが特徴になっており、気分が異常に高揚をしていたり、急に活動的になったりした時は病気が原因なので、早めに精神神経科の病院やクリニックで、診察を受けることが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、健康保険証が使えるので医薬品を処方してもらっても、それほど高額にはならないので安心して下さい。躁状態を改善するためには気分安定薬が有効なので、しばらくは根気よく続けることが大事です。周囲の家族から見ると躁状態になった時は、うつ状態の時よりも顔の表情が明るく、活動的だと感じることが多いですが、症状が悪化すると相手の迷惑を考えずに電話を何度も掛けたり、自宅に押し掛けたりすることもあります。躁状態になると金銭感覚が乏しくなり、多額の借金が出来たり、誇大妄想などが見られたりすることもあります。精神神経科の病院やクリニックでは、躁状態が原因で家族が十分に面倒を見られない場合は、入院による治療を勧めることもあります。入院をすると起床や就寝、食事、服薬時間なども決まっているので、規則正しい生活を送れますし、十分に休養できる環境が整っているので、辛い症状を改善する効果があります。必ずしも入院が必要ではありませんが、症状が悪化した時は入院も検討することが大事です。